FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる11年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

手続き業務に四苦八苦

私は、子育て終了後の第二の人生 をマイペースで仕事しながら生きていきたいと思い、社労士になり開業しました。
自分の仕事のスタンスは「私だからこそできる仕事、私にしかできない仕事」を積極的に行うということです。
社労士の重要な仕事であり法で専権業務となっている手続き業務は、私じゃなくて他の社労士でもできる仕事だという思いがあり、積極的に引き受けてはきませんでした。
それは、けして手続き業務を軽くみているわけではなく、むしろその逆です。私のような大雑把でそそっかしい人間が、「お上のお達しどおり」きっちりかっちりした書類を仕上げるのは、かなり大変だろうという思いがあったからです。
「手続きやっていますか?」とお電話いただいたときに、「私は、手続き業務は行っておりませんが、手続き業務が得意な社労士をご紹介することはできます。」と言って、何となく、びっくりされているような雰囲気が伝わったきたこともありました。
それでも、関与先に頼まれたり、知り合いからご紹介いただいたりすればお断りすることもできませんし、ぽつぽつとは行っております。
10年余りもやっていると、いつの間にか一通りの手続き業務の経験ができてきます。

続きを読む

PageTop

小冊子の執筆させていただきました

清文社小冊子働き方改革2 当地は毎日外はサウナ状態が続き、仕事等を除きなるべく外に出ないようにしています。異常な暑さに気象庁が「災害」ととらえるようにとの警告を発したそうですから、何となく危機感がつのります。
 さて、そんな中、かねてよりご依頼をいただき、執筆させていただいた小冊子『労働基準法改正のポイント 働き方改革で変わる労働時間制度』(株式会社清文社発行)が出来上がり、当事務所宛送ってくださいました。
 担当編集者様は私よりずっとお若い有能な女性です。とても気持ちよく仕事ができました。このようなご縁ができて感謝しています。

続きを読む

PageTop

保育園落ちた うれしい?

 先週、NHKの夜7時のニュースだったと思うのですが、キッチンで調理しながらチラ見していたので、番組名は正確ではないです。その中で、最近「保育園落ちてよかった」「保育園に受かると困るので倍率が高い入りにくい園に申しこむ」という保護者がいるそうで、ある保育園は「入園辞退する人が続出して危機感を感じる」と語っていました。
待機児童問題を解消しようと、行政側は一生懸命策を講じているそうですが、このような現象が起きると、本当の待機児童は何人なのか読めなくて困ると語っている都内の区長の映像も流されていました。
この現象が起きだしたのは、昨年1月1日より改正施行された、育児介護休業法の保育園に入れないなどの理由があれば、最大2歳まで育児休業を延長でき、雇用保険からの給付も受給できることになってからだそうです。
「不合格通知」を受け取ってうれしかったという保護者の女性の話もありました。

続きを読む

PageTop

貧弱な避難所をなんとかしてほしい

当地は、とんでもないぐらいに暑いです。昨日、昼間14時頃必要があって車に乗ったら、車の温度計(外気温を測定していることになっている) が、なんと45度と表示されていてびっくりしました。
クーラーなかったら完全に死ぬわと思いつつ、水害で家に住めなくなり避難所暮らしを余儀なくされている方々はどんなにか大変だろうと思いました。
それにつけても、避難所の様子というのは、大きな自然災害が起きるたびにテレビなどで目にしますが、阪神大震災の頃からあまり変わっていない、要するに進歩していない感じがします。
今朝のテレビの情報番組では、イタリアの例として、家族ごとにテントをⅠ張ずつ提供して、食事は移動調理車がやってきてその場で暖かいものを出してくれるとか。かの地のことは私もよく知らないので、それが標準なのか、一例なのかはよくわかりませんでしたが、テレビの話し方だとそれが当たり前のような言い方でした。
だとしたら、随分進んでいます。プライバシーも守られ、食事も暖かいものが食べられる、それだけでも随分気持ちの上で違ってきます。

続きを読む

PageTop

働き方改革で年収が減る?

 私はスマホに様々な分野のニュースがまとめられていて、分野ごとにいろいろ見られるようになっているアプリを入れていて、毎日すきまの時間にみています。
今日は、朝、出勤の車の中で(夫が運転することが多いので私は暇です)たまたま目にとまったビジネス関連のコラムを読みました。
著者は、賃金や人事のコンサルタントをしている方で、私も開業当初、勉強のためにその方のご著書を拝読したことのある方です。
かなり長い文章なのですか、要約すると、働き方改革により残業時間が短くなることで特に中小企業で働く年収400万ぐらいの労働者が、年収減少のダメージを受けそうだという内容です。
今までの年収の中には、当然残業代が含まれているため、働き方改革により残業時間に対する規制が強くなり、残業時間を減らさなければならず、結果、残業代ありきで家計がなりたっているこの層の労働者が打撃を受けるということです。

続きを読む

PageTop

体力なくなってきたと思う

当地は一気に真夏の暑さに突入しています。気がつけばもう6月も終わり近くですから、当たり前かもしれません。
 今月は、あれこれあって気がつけば当ブログの更新が週に1度になっています。うーん。この間、ブログに書いたら面白いだろうなということがいろいろあったのですが、お客様のことは守秘義務がありますし、その他社労士会で見聞きしたことも、そう簡単には書けませんし、そんなわけで、更新が滞ってしまいました。
そんな状況の中で、昨日は、午前中と午後と都内に出かけたのですが、都内はメトロの乗り換えで結構歩く場所があります。
すべてにエスカレーターがあるわけではないので、階段の昇り降りも結構多いです。昨日の当地は、朝から体感的には30度を超える暑さでした。
冷房が効いている室内や電車内と外の温度差もすごく大きいように感じました。

続きを読む

PageTop

Sさんの思い出

 今朝、テレビをつけたら大阪で震度6弱の地震があったとのニュースが飛び込んできました。
私は、東日本大震災で震度5弱を経験しましたが、かなり怖かったです。事務所も自宅も物が壊れたり倒れたりという被害はありませんでしたが、揺れ方は今まで経験したこのないような大きな揺れで、たまたまスーパーの駐車場にいましたが、歩くことができず、その場にじっとしていました。うずくまってしまう人もいました。
それよりさらにすごい揺れということですから、大変だと思いました。交通機関のマヒ、停電など、混乱が続きそうですが、被害が最小限ですみますようにと祈るばかりです。
さて、今日は私の所属する支部の先輩会員ですが、先週訃報があり昨日お通夜に参列したSさんの思い出を書いておきたいと思います。

続きを読む

PageTop

なつかしい人との電話

 ブログには書けない関与先からの相談事やその他の仕事の段取り、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃとバタバタしているうちに毎日が過ぎてしまいます。
そんな中、昨日、帰宅後、夜遅くなってから固定電話の留守電に気がつきました。
いわゆるママ友という感じですが、一時期、もう少し濃い関係性をもった友人からのメッセージでした。
彼女は私より少し年上で、教職の経験があり、世話好きなのでPTA活動などでオピニオンリーダー的存在で、私とも意見が合いました。
一時、彼女と私を含めて、本好きのお母さん7、8人で「読書会」を作り、月に一度会合を開いて、課題とした本について自由に意見を言う会を行っていたことがありました。
2年ぐらいは続いたかなと思いますが、その後、その中でも特に気の合う人数人で、時々会って教育問題、社会問題、政治の話、互いの趣味の話など多岐にわたるおしゃべりをよくしていました。
私が社労士を開業してからは、仕事優先となりなかなかそんなおしゃべり会に行けず、もうしばらく会っていませんでした。

続きを読む

PageTop