FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

人を批判するときの品格

 日馬富士の暴行傷害事件に端を発した相撲協会の騒動は、貴乃花親方の弟子同士の暴力事件という意外な展開となり、終焉を迎えました。
貴乃花親方は、自らの監督不行き届きを認め謝罪して、0から出直すとして内閣府に出した告発状も取り下げました。
貴乃花親方は、弱冠20歳の弟子への寛大な措置を願い、自らの正義と考えていた道に進むのをあきらめ、耐えがたきを耐えて批判の嵐の中に飛び込んでいったのでしょうか。
それにつけても、「解雇」だ、「契約解除」だのとあおるメディアも、実際にそのようなことを口にした親方衆も品がないし、一体この騒動の本質はなんだったのかを忘れたかの振る舞いだと思います。「貴乃花憎し」「貴乃花がすべて悪い」という印象操作でもしようとしているのかねーと思います。弟子が暴力をふるったことや無断欠勤などをしたことは処分に値することだとは思いますが、わずか3か月の間に5階級も下げちゃうとは、すごい組織ですね。
公益法人の非民主的運営に対して文句を言わない管轄官庁もすごい。

続きを読む

PageTop

置かれたところで咲きなさい?

2018桜3  当事務所から車で10分ほど行くと、1964年の東京オリンピックのときにボート競技の会場となった戸田ボートコースにいくことができます。その川沿いにある戸田公園には何本かの桜の木があり、平日はそんなに人もいないし静かなお花見ができます。
 というわけで、今日のお昼はそこで食べようと出かけてみました。桜が満開で早くも散り始めた木もあり、ボートコースでは学生が練習をしていました。いい陽気になったので、気持ちよさそうです。公園内には、小さな子供を連れた親子や一人のんびりお花見をしている人がまばらにいる程度で静かです。
 そんな中、写真のように、切られてしまって地面から70~80センチの高さになっている枝というのか切り株というのかわかりませんが、桜が頑張って咲いていました。まさに「置かれたところで咲きなさい。」だねーと思いました。

続きを読む

PageTop

表現方法について考えた日

 当地は桜が満開で、春爛漫です。
昨日は、絶好のお花見日和でしたが、社労士会の毎年恒例の行事である自主研究部会の発表会でした。15部会ある部会が三部会ずつ交代で勉強の成果を発表するもので、私は発表部会ではありませんが、所属する部会のリーダーを務めているため、主催者側委員として朝9時前から会場入りして、発表会の後、懇親会にも出席して、その後旧知の他部会のリーダーや元リーダー、その他飲み足りない連中と連れ立って二次会にも行ってしまい、帰宅したのは夜9時半過ぎというハードな一日となりました。
例年同様、発表会には、近隣の都県会の会員も40人近く参加されて盛況でした。
私が入会したころに比べると、プロシェクターを使って、大きな画面に内容を映しこんだり、自作のビデオで会員が演じる寸劇をはさんだりして、発表形式も、工夫をこらしていました。10年あまりの間に進歩したなーと思います。
それでも、私が一番すばらしい発表だったと感動すら覚えた発表は、そのような最新機器は一切使わず、発表した会員がご自身で書いた原稿を一人で淡々と読み上げるという、昔ながらのシンプルな発表形式だったのです。

続きを読む

PageTop

行政の書式のダウンロード

 職業柄、労働基準監督署や年金事務所などに届出等の書類をお客様に代わり作成して提出することが時々あります。
たいていの書式は厚生労働省の該当サイトからダウンロードすることができます。
Word版やExcel版などもあり、手書きをしなくてすむので便利です。最近、関与先のある届出を提出しようと、書式をダウンロードしようとしたらpdf版しかありません。
今月5日から書式が変更になったのは知っていましたが、pdf版だけしか公開されていなくて、Word、Excel版は後日掲載しますとあります。
ありゃりゃん、手書きしないとだめなのかと、かなりがっかりして、ある裏技?を使ってWordにひっぱり、編集を試みましたが、フォームがほんの少し崩れ、ロックもかかっているらしく編集はできませんでした。
当該担当部署に電話して確認してみましたが、来月ぐらいには掲載できるかもしれませんということでした。pdf版が更新されたのは今月5日、そろそろできあがってもいいんじゃないのかなと今週いっぱい待つことにしました。

続きを読む

PageTop

季節はめぐる開花宣言

今年はいつになく年明け早々から期限の厳しい仕事や、自分としては今までやったことのない仕事などがあり、忙しさにかまけていました。
やったことのない仕事というのはある社内規程づくりなのですが、今までやったことがあればデータもあるし、資料もあるし、ある程度の使いまわしがきく、何よりも知識と情報を持っていることが大きいのですが、初めての案件にはそれがありません。資料集めから始めて、勉強して、お客様の実情にあったものに作り上げていかないといけないので、やはり時間がかかります。
それだけをやっているわけではなく、お客様からあれこれご相談をお受けすることもあり、その他定期的に引き受けている仕事もありと、いろいろ重なるときは重なるもので、たまたまそういうときにあたったのがこの3か月間でした。
その間、珍しく風邪をひいたりもして、やはり疲れているのかなとも思いました。
そんな中、昨日桜の開花宣言があり、「もう、そんな季節だったか」と思いました。

続きを読む

PageTop

何かがおかしい?

 麻生財務大臣は、佐川国税庁長官について「適材適所の人選です」と言っていたと思いますが、佐川氏が確定申告の期限内に辞職するという異例の事態がおきました。
辞職を追いかけるように減給処分とは、随分早い処分決定で、今後さらなる追加処分もあるかもしれないそうです。
公務員のことはよくわかりませんが、民間企業だったらあり得ない速さの処分決定で驚きます。
そして、今問題となっているのは国会の質問に答えるための文書が改ざんされたらしいという疑惑です。この国は法治国家だったと思いますが、役人が勝手に文書を書き換えてしまうという考えられないことが起こっているらしいです。まだ疑惑の段階でなんも言えませんが、報道によると、財務省は書き換えを認めるらしいとか。
国の唯一の立法機関であり、最高機関であり、国政に関する調査権のある国会に開示した文書が、自分たちに都合のいいように改ざんするなどということは、あってはならないはずですが、どうもあったらしい。

続きを読む

PageTop

震災から7年雑感

 最近、忙しさにかまけて新聞もあまり読んでいないのですが、福島県の話がよく出ているなと思い、そうか、東日本大震災のあった3月11日が近いからかと思い至りました。
あれから7年か、私は、直接被害を受けたわけではありませんので、被災した方に比べて、あれこれ書くのもおこがましいこととは思いますが、「7年」という歳月の重みを感じてやはり感慨があります。
スーパーの棚が空っぽで食料品がなくなったことや、計画停電で1日のうち必ず停電する時間があったこと、節電のため街が暗くなり、駅のエスカレーターが止まったこと、ガソリンが買えなくなり、しばらく車に乗るのをあきらめたことなど、もちろん、原発が爆発する映像を見て驚愕したこと、もしかして西日本に逃げなくてはいけないのだろうかと思ったことなど、いろいろ思い出すことはあります。

続きを読む

PageTop

組織内の個人の自由は?

 女子レスリングの伊調馨選手には、私はかねてより好感を持っていました。
テレビで勝ったところしかみていないけれど、いつも淡々としていて勝ってもおごらずという雰囲気で、むやみとテレビにも出ないし、真摯に競技に打ち込んでいるアスリートという感じがします。
その伊調氏が、オリンピック4連覇という偉業を成し遂げ、国民栄誉賞を受賞した影で、壮絶な嫌がらせを受けていたという報道には驚きました。
しかも、相手はかつての恩師というか育ての親ともいう人だというから益々驚きます。
真偽のほどはまだわかりませんが、報道に対してレスリング協会からは、全否定のようなコメントがすぐ出されたことにも驚きます。
通常の組織であれば、要職にある人について告発状が出されたと報道されたのですから、内容についてきちんと調査する、すなわち調査委員会を立ち上げる、関係者にヒアリングするなどの段階を経て結論を出すと思うのです。
ですから、コメントをだすとしたら「内容を把握しておりませんので、今後精査してからあらためて発表します。」ぐらいのコメントではないでしょうか。

続きを読む

PageTop