おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる11年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

働き方改革は休み方改革?

厚生労働省は、「働き方・休み方改善指標活用事例集」(参照)を公表して、社内にそのための専属チームを作り、全社的に改革を図る、部署を決めてトライアルしてみるなどの取り組み事例、改革のための診断方法などを掲載しています。
労働時間を減らす策の一つとして会議時間を減らすこと、例えば、「会議の時間は1時間以内とする」「議事録はその場で作成する」「議題はあらかじめ共有する」などの事例を挙げています。「開始・終了の時刻の厳守」などもあります。これらは、会社でなくても社労士会の支部の例会や各種委員会などでも使えるかなと思います。
ただ、単に連絡事項を聞くだけなら、あらかじめメール等で配信してもらい、意見がある場合はメール等て送っておけば、時間を30分から1時間は減らせると、いつも思っていました。
この会議(集会)って本当に必要なのかなと思うときもあります。ただ、私たちは会社ではなく、独立開業者の集まりなので、同業者同士、顔を合わせて情報交換することも必要で、会議がそのきっかけになるという考え方もあります。

続きを読む

PageTop