おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる11年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

なつかしい人との電話

 ブログには書けない関与先からの相談事やその他の仕事の段取り、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃとバタバタしているうちに毎日が過ぎてしまいます。
そんな中、昨日、帰宅後、夜遅くなってから固定電話の留守電に気がつきました。
いわゆるママ友という感じですが、一時期、もう少し濃い関係性をもった友人からのメッセージでした。
彼女は私より少し年上で、教職の経験があり、世話好きなのでPTA活動などでオピニオンリーダー的存在で、私とも意見が合いました。
一時、彼女と私を含めて、本好きのお母さん7、8人で「読書会」を作り、月に一度会合を開いて、課題とした本について自由に意見を言う会を行っていたことがありました。
2年ぐらいは続いたかなと思いますが、その後、その中でも特に気の合う人数人で、時々会って教育問題、社会問題、政治の話、互いの趣味の話など多岐にわたるおしゃべりをよくしていました。
私が社労士を開業してからは、仕事優先となりなかなかそんなおしゃべり会に行けず、もうしばらく会っていませんでした。

続きを読む

PageTop