おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる11年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

職場のいじめ・嫌がらせをなくすには

先週、厚生労働省が平成29年度の「個別労働紛争解決制度の施行状況」を発表しました(参照)。
この制度は、個々の労働者と使用者との間の労働条件や職場環境に関するトラブルを未然に防止して早期に解決を図るための制度で、「総合労働相談」、労働局長による「助言、指導」、紛争調整委員会による「あっせん」の3つがあります。
総合労働相談コーナーは、都道府県労働局と労働基準監督署に設置されていて、全国380か所にあります。電話、面談で相談を受け付け、昨年度の相談件数は110万4758件で、そのうち、法制度の問い合わせが69万8650件を占めています。労働基準法等の疑いがあるものは、19万8280件で、労働基準監督署やハローワークに取り次がれ、関係法令に基づき行政指導などが行われます。
民事上の労働紛争相談件数は、25万30005件で、①いじめ、嫌がらせ 72,067件、②自己都合退職 38,954件、③解雇 33,269件となっています。
いじめ、嫌がらせは6年連続トップということで、いまや、職場での深刻な問題となっていることがうかがわれます。

 

続きを読む

PageTop