おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる10年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

年金確保支援法のおさらい

過去記事にちょっと書きましたが(参照)、年金確保支援のための法律改正案が国会で可決され、8月10日に公布されました。
私は、普段、年金については、人に聞かれたら社労士として恥ずかしくない程度の知識というレベルなので、改正間もない事項などにはうとくなってしまうのですが、秋に年金についてお話する講座の講師を務める関係で、今回はいろいろ情報を集めています。
年金をしっかり確保するための改正ですが、大きな柱は
①国民年金の遡及納付が10年になる(ただし3年間の期限つき)
施行日は2011年10月1日から1年以内の政令で定める日(要するにまだ決まってない)
②確定拠出年金でマッチング拠出が可能となったことに加え、資格喪失年齢を60歳から65歳に引き上げた。
③厚生年金基金の特例解散措置
以上が主な点です。

②のマッチング拠出というのは、今まで規約で決められた額を拠出していた確定拠出年金制度で、限度額の範囲で従業員が自分で上乗せして拠出することができるようになったものです。
また、拠出した額は全額所得控除の対象となりますから、長い目で見るとかなり得になるのかなと思います。
さらに、今までは60歳までだった拠出が65歳までできるとなると、当然年金額が増えるということになります。
確定拠出年金制度は中小企業で行っている会社もあるようですが、多くは大企業が多いと思うので、余裕のある人はさらに老後の年金を上乗せできそうという、どちらかというと今比較的余裕のある人が、豊かな老後を送れるようにするための改正でしょうか。

③については、私もとんと不勉強なのですが、厚生年金に上乗せして企業(単一設立常時1000人、共同設立5000人の従業員が必要)独自の年金基金を設立できます。ここ10年ぐらい業績悪化や高齢化の促進により財政が悪化する基金が増えています。
解散すると企業年金連合会に責任準備金を納めて、以後連合会に移管されて年金給付が行われるのですが、責任準備金がないと解散ができませんでした。
財政が逼迫して解散してもおかしくないのにできないという状況になっていた基金の救済策として、様々な要件をクリアーした基金の責任準備金を減額するという特例措置が2004年から3年間を限度として行われました。
どうやら、それの復活ということらしいのですが、そのあたりのことは私も恥ずかしながらこれ以上わかりません。

一般庶民に一番関係のあるのはやはり①だと思います。
会社員等で厚生年金に加入している人は自分で国民年金を納付しなくても、国民年金第2号被保険者として納付したことになり、将来基礎年金部分は加入していた年月に応じて受け取ることができます。
自営業や非正規雇用等で厚生年金に加入していない人は、国民年金の第1号被保険者として自分で年金保険料を支払うことになっています。(今年度額15,020円)
滞納した場合、現行は収入が少ないなどで免除申請をしていれば10年遡って払えますが、単なる滞納の場合は2年間しか遡れません。
滞納期間があると将来の年金額が減る、一定の納付要件のある障害年金、遺族年金をもらえなくなる場合があるなどの問題が生じます。

それを防ぐためには、余裕ができたら過去の滞納分を支払えるようにするとよいということで、今般10年遡れるようにしたものだと思います。
しかし、それでは、真面目にコツコツ支払っていく必要ないじゃないという批判もあり、3年間の期限つきにしたようです。
滞納のある人はここで一気に支払ってくださいねということでしょうか。

年度により変わりますので、ものすごく大雑把な数字しか出せませんが、国民年金保険料は1年間で約18万円です。
納付期間は40年で満額ですが、1年納付期間が増えるごとに将来の年金額は約2万円弱増えます(1年間でです)。
仮に10年分支払うと180万円、それで、年金額は20万円弱増えることになります。
65歳から受け取り始め、180万円取り返す?までには9年間、74歳まで生きれば元がとれるのかなということになります。
20万円というと、月にすると約16,000円、それが高いか安いか、いるかいらないかは極めて個人的な考え方となるでしょう。 ただし、国民年金制度は国民の共同連帯という理念がありますので、個人だけのことではなく全体のことを考えていただくようにお願いします。というのが社労士として言うべきことになります。
いずれにしても過去の滞納分を納めたくても納められなかった人たちには朗報だと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【うつ病 障害年金】 うつ病と解離性同一障害のおいら。 : 年金の使い道

[うつ病 障害年金] うつ病と解離性同一障害のおいら。 : 年金の使い道始めて、今月15日に障害年金が振り込まれました。額にして201000円。 1年半以上待ちに待った年金です。 Σ( ̄ロ ̄|||)がしかし…払いもんが重なり…2万円しかのっこてません… 電気代やら車のボーナス?...

うつ病の方は障害年金を受給できます 2011年09月03日(Sat) 01:31


-

管理人の承認後に表示されます

2011年09月16日(Fri) 23:46