おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる10年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

歳月はものごとを変えると思った日

2017-09西武ドーム  先週の土曜日、随分久しぶりに西武球場(今は西武メットライフドーム)
 に観戦に行きました。
 最後に行ったのは10数年以上前です。春先で西武ドーム独特の寒さだったことが印象的でした。社労士を開業してから、どうしてもそこに注力して、観戦から遠のき、西武球団は何となく応援はしていましたが、ドームまで行くことはありませんでした。
 さて、お天気も良いいい日で、緑豊かなたたずまいは相変わらずで思ったほど暑くはありませんでした。
 知らない方のためにちょっと書いておきますと、西武ドームは屋根だけのドームで周囲に壁がなく球場の周りの樹木が本来壁があるべきところから良く見えて、春は桜がきれいです。良く言えば自然と一体化している、悪く言えば、「ちょっとー。ケチって壁つくらなかったの?」というようなドームなのです。
 そのため、冷暖房設備はなく、春先は風が吹き抜けて寒く、夏は風がなければ、ものすごく暑い。すり鉢状の底でプレーする選手は大変だろうなーと思うような球場なのです。


さて、日本ハムとの試合は両チームとも打撃がふるわず、西武もチャンスで後1本がでないで、0対1で負けてしまいました。相手方だけど、大谷選手も指名打者で出ていましたが、打てませんでした。でも、やはり、生の雰囲気はいいものだなと思いました。
試合前に外野席の応援団の太鼓やトランペットの音、応援の声を聞くだけで、なんかワクワクしてきます。
コンサートに行ったときに、オーケストラから音合わせをするのを聞くだけでワクワクしてくるのと似ています。
そして、この10数年の間に変わったことも随分ありました。
まず、ホームが3塁側になったこと。どちらをホームにするかは特に決まりはないそうで、西武球場の場合、3塁側が西武線の最寄駅(球場のすぐ前です)に近い、その他選手の駐車場など球場の施設なども3塁側をホームとした方が都合がよいことからそうなったそうです。

というわけで、私たちも3塁側内野席に座りました。
その日は私は全然知らないのですが、野球のアニメに出演している有名(らしい)な声優さん3人が試合前に球速を競うイベントがあったり、球場の音響が、映画館にあるようなデジタルな感じに響く音になっていたり、応援グッズがすっかり変わっていたり、随分と様変わりしていることに驚きました。
球場の外でも写真を撮るスペースや応援用メークを無料でしてくれるサービスがあったり、「ボールパーク」という点を大きく打ち出しているようでした。
歳月はいろいろなことを変える。でも、変わらないのは、「やはりプロは違うなー」と思わせる選手のプレーぶりや球の速さでしょうか。ついでに、のんびりビール飲みながら観戦する私のスタイルも変わりません。ハイ。楽しい週末でした。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する