FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

何かがおかしい?

 麻生財務大臣は、佐川国税庁長官について「適材適所の人選です」と言っていたと思いますが、佐川氏が確定申告の期限内に辞職するという異例の事態がおきました。
辞職を追いかけるように減給処分とは、随分早い処分決定で、今後さらなる追加処分もあるかもしれないそうです。
公務員のことはよくわかりませんが、民間企業だったらあり得ない速さの処分決定で驚きます。
そして、今問題となっているのは国会の質問に答えるための文書が改ざんされたらしいという疑惑です。この国は法治国家だったと思いますが、役人が勝手に文書を書き換えてしまうという考えられないことが起こっているらしいです。まだ疑惑の段階でなんも言えませんが、報道によると、財務省は書き換えを認めるらしいとか。
国の唯一の立法機関であり、最高機関であり、国政に関する調査権のある国会に開示した文書が、自分たちに都合のいいように改ざんするなどということは、あってはならないはずですが、どうもあったらしい。

となると 、今回だけではなく、今までももしかしてそういうことしてたのかなと思ってしまうから、空恐ろしいです。
そんなことがまかり通っていたら、この国の統治機構は法治国家でもなく、民主国家とは言えなくなってしまいます。
おまけに関連部署の担当者が亡くなったということまで報道されています。
自殺とされていますが、本当かな、と疑ってしまい、益々空恐ろしい。いずれにしても亡くなられたことはとても痛ましいことと思いました。

東日本大震災の鎮魂の陰で、こんなとんでないことが報じられていて、何かがおかしいと思う今日この頃、実は、忙しさにかまけてあまりニュースもしっかり見ていなかったのですが、改ざんが事実だとしたらつくづく国民はなめられてるなと思います。
忙しさにかまけてニュースを見ない、そういう態度もいけなんいんだろうなとも思いますが、最近はニュースも100%は信じられないし、取捨選択する能力を培わなくてはいけないので、なかなか大変てす。
国会は国民の代表者が国政について議論する場なのですから、国民にとって大切な場であるはずです。大切なものを大切なものとして扱えないなんて、小学校からやり直しですね。困ったものです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2018年03月12日(Mon)15:32 [EDIT]