おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる11年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

置かれたところで咲きなさい?

2018桜3  当事務所から車で10分ほど行くと、1964年の東京オリンピックのときにボート競技の会場となった戸田ボートコースにいくことができます。その川沿いにある戸田公園には何本かの桜の木があり、平日はそんなに人もいないし静かなお花見ができます。
 というわけで、今日のお昼はそこで食べようと出かけてみました。桜が満開で早くも散り始めた木もあり、ボートコースでは学生が練習をしていました。いい陽気になったので、気持ちよさそうです。公園内には、小さな子供を連れた親子や一人のんびりお花見をしている人がまばらにいる程度で静かです。
 そんな中、写真のように、切られてしまって地面から70~80センチの高さになっている枝というのか切り株というのかわかりませんが、桜が頑張って咲いていました。まさに「置かれたところで咲きなさい。」だねーと思いました。

 私は読んだことがありませんが、新聞の本の宣伝で何度も目にした本の題名です。
人生はいろいろ思うようにはいかないけれど、今、そこで自分がいるところで一生懸命頑張ってみてくださいというような内容なのかなと想像しています。
違っているかもしれません。読んでいないのでわかりませんが。
それはそれとして、どんな所でも、どんなときでも花は咲くべき時がくると咲く力があるんですね。ということをあらためて思いました。
桜は美しくそして強いんですね。けなげに咲いている桜に力をもらった忙中閑ありのひと時でした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する