FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

権力をチラつかせる人たち

私は 埼玉県で開業していますが、東京労働局のホームページは結構見ています。たくさんの企業が集まっているところの労働局だから、きっと情報も早いだろうし、しっかりと作られているだろうと思うからです。
他の労働局のサイトにはないような特別条項付きの36協定書の書き方なども丁寧に解説してあって、以前、お客様に聞かれたときに該当サイトを見てもらいました。
ついでに言うと、大阪労働局のホームページもなかなか充実していると思います。最近はあまり見なくなりましたが、開業したての頃は時間もあったし、わからないことも多かったので、サイトをよく見ていました。
大阪労働局の採用時の面接のときの「ダメダメ質問」の解説は、さすがボケとつっこみがうまく出ていて、思わず笑ってしまうほど出色のできでした。(今そのサイトがあるかはわかりません)
そんな、ひそかにさしたる根拠もなく私の中ではそのホームページをリスペクトしていた東京労働局の局長が、とんでもない失言をしたと報道されています。

報道によると、先月30日の定例会見で、 裁量労働制で働いていて過労自殺した社員がいた大手企業の指導の経緯について質問されていたときに、「なんなら皆さんのところに行って是正勧告してあげても」と発言したそうです。
厚生労働省の次官に会見終了後電話で厳重注意を受けたそうですが、昨日、本人が発言を撤回して謝罪したことが報道されています。
いろいろなところに是正勧告が行われていることをわかりやすく言おうと思って「舌が滑った」と釈明したそうです。

うーん。苦しい釈明ですね。しつこく質問してくる記者を黙らせようと、なんとなく権力をちらつかせていると誤解を招く表現で、極めて不適切な発言だと思います。
そのような発言が出るということは、是正勧告が恣意的に行われることもあるのかなと思われても仕方がない発言で、そんなことでいいのだろうかと思ってしまいます。
権力の側にいて権力を使える人は、何事も謙虚に使うべき権力の使い方を間違えないようにしていただきたいものだと思います。
思えば、そういうの間違えている人、最近多いなーと思います。
変なニュースが多いですが、これから、当地は、桜は散ってしまいましたが夏の暑さが始まるまでの間、街にいろいろな花が咲く季節となります。なんとなくウキウキしてきます。
というわけで、今日も頑張りましょう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する