おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる11年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

仲間と集う

 社労士は、60時間余りの所定の研修を受け、国家試験に合格すると「特定社会保険労務士」と名乗り、個別労使紛争におけるあっせん等の代理人として活動することができます。
そのための研修と試験を私は開業翌年の平成19年に受け、20年から特定社会保険労務士と名乗っています。
その研修の最後の方でグループに分かれて実務を学びました。そのグループは10人いて偶然社労士登録したのがみな同じ平成18年ということもあり、合格した後飲み会をしましたが、10人のうち、一人はお子さんが小さく家も遠いということで9人が集まりました。
その後も、年1回ぐらいですが飲み会を続けています。いつも、埼玉県内の社労士会事務局の最寄り駅近くに集まるので、そこから徒歩圏内に住んでいる私が幹事を務めます。
メールで都合の良い日、悪い日などを連絡してもらって日程調整するのですが、結構、2週間ぐらいの間にピンポイントで一日ぐらいしかみんなの予定が合う日がなくて、冷や冷やものですが、なんとかみんな集まれるように調整しています。

 ここ何年かは、年度末の後、少しひと段落するような今の時期に行っています。
今年も来週集まることになり、無事、場所も決めてみんなに連絡しました。
メンバーのひとりで同じ支部の同期の仲間が「〇〇〇会(ちゃんと名前もつけてあります)は何故だか本当に楽しい。なんでだろう」としみじみ言ったことがありました。
同じ支部の人もいますが、支部もバラバラで、社労士として開業している人も研修当時勤務登録していたけれど、定年退職して、今は登録はしていてもほとんど仕事はしていない、そんな人もいます。
1人は、ある関連の行政機関で非正規で働いていますが、社労士の登録はやめて退会してしまって、ずっと、参加していなかったのですが、私が退会しても仲間だからと思い、メールだけずっと送信していました。

先日、偶然、その行政機関に私が用事で言ったときに、私の姿を見つけたからと奥から出てきて声をかけてくれました。私が、退会してても関係ないし、みんな喜ぶからよかったら参加してくださいとお誘いしたら、来てくれることになりました。
みんな、それぞれ仕事の内容も微妙に違うことをしていて利害関係というのか一切ないし、人柄がくせのない気持ちの良い人ばかりなので、きっと続いているんだろうなと思います。
机を並べて勉強した仲間という感じでしょうか。社労士会の研修などで、個別に会うことはありますが、一同に会するのは年に一度です。
今年も盛り上がりそうだなと思って楽しみなのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する