おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる11年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

私は情報弱者?

 当地のゴールデンウイーク前半はお天気もよく昨日の昼間は真夏のようでしたが、今日は朝から曇りで少し落ち着いた陽気でした。
さて、私の「ちゃつちゃなパソコン」の入れ替えは、一昨日どうにか終わりました。前のものより一回り大きくなり、指紋認証とやらもできるようになり快適です。
自宅のWi-Fiにつなぐときにパスワードを聞かれ、通信会社からもらった(通信会社からレンタルしていたものが期限終了でそのまま私のものになっています)ので、その通信会社用のパスワードを入れても全然つながらず、本体をよく見てみれば、パスワードが書いてあるではないですか。
これかと入力してみれば、何とか受け入れてもらえました。
パソコンからiPhoneへのデータ移行が心配だったので、娘にきてもらって随分助けてもらいました。

何とか復元できてやれやれというところです。
お店のカウンターでいろいろ説明を受けていたとき、お店の人がちょっと席をはずしたときに、娘が大手通信会社はほんとに高い、私なんて〇〇円しか払ってないよと言います。今、通信会社は既存の大手の他にいろいろ選べる時代になったとは知っていましたが、そこまで違うとはと驚きました。
でも、ちょっと変になったときにお店にもっていけば教えてもらうようなサービスはありません。そんな必要のない自力でいろいろできる人が利用できるというわけです。
私の場合、前のiPhoneは、機械がよかったのか、壊れることもなかったですし、操作面はたいていネット民が教えてくれるので、1度だけフリーズしたときに見てもらっただけなのですが、やはり、破損したときの補償(別途料金を払う)とかもついているし、機種代金が分割で上乗せされているので高いということもあります。

自信があったら安い方に行くかもしれません。そう思って店内を見てみれば、だいたい40代後半から50代以上の人ばかりです。若い人の多くは格安店に行くのでしょうか。
そうか、私もすっかりスマホ音痴のダメダメシニア=情報弱者になったしまったのかと、ちょっぴり切ないです。次回の機種変は娘に頼らず一人でさくさくやることが目標。iPhoneの場合、パソコンのiTunesにそっくりデータが保存できて、待ち受け画面から各アプリの設定までそっくり移行できるので、私にも移行はできるのですが、ちょっとトラブルが起きるとわからなくなってしまうので、つい娘に頼ってしまいました。
これから、少しずつ知識を蓄えていきたいと思うのでした。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する