おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる10年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

金沢に行きました。

2017-09金沢駅  先週末にちょっぴり遅い夏休みをとって、金沢に観光に行きました。
 遅ればせながら北陸新幹線に乗ってみたかったということがあります。私の自宅のある埼玉県の浦和からだと、大宮駅からの乗車で、停車したのは長野駅と富山駅のみでたったの2時間余りで到着です。早い!
  思えば、金沢に行ったのは高校1年の夏休みに仲良し3人組で旅行したとき以来です。そのときは、3人組のうちの一人のお姉さんが所属する大学のサークル活動で、新潟のスキー場で地元の子供たちの野外活動を指導するキャンプを主催していて、その助手を務めた後、北陸本線で金沢にやってきて、それから高山にでて、最後は名古屋から新幹線で東京に帰るという10日間ぐらいの旅程でした。
 富山には、数年前に車で夫の大学時代の親友を訪ねて行ったことがありますが、車で北陸地方に出るのに関越道、上信越道を経由して結構な長旅でした。今回は思った以上に早かったです。

 写真は金沢駅ですが、傘を表現しているそうです。「弁当忘れても傘忘れるな」というぐらい雨が多いそうで、来訪者に傘をさしかけているイメージだそうです。


続きを読む

PageTop

人手不足と労働条件

当地の本日は涼しいです。車の温度計(外気温を示すことになっている)が21度でエアコンもいりませんでした。今年の当地の8月は天候不順で、かーっと太陽が照りつける夏らしい日がとても少なかったです。
いつの間にか8月も今日で終わりですが、そんな状況で稲作への影響はないのだろうかと思っていたら、昨日の帰宅途中の車中で聞いたラジオでは、今年の作柄は例年並みかそれ以上の見込みだそうで、日本列島も広いんだなー、というより天気に幅があるんだねーと思いました。
ごはん党の夫は、「それはよかったね」と心底喜んでいる様子。
「お米なんてなくたって、あたしは全然平気。パンもうどんもそばもパスタもいろいろあるじゃん」と言っても米に代わるものはないと言い切っています。
さて、とりあえずよかったですが、最近深刻なのは人手不足です。
先週、隣接する支部で主催した研修に他支部の人もどうぞということで参加させていただいたのですが、講師の社労士の先生が、「人手不足なので、一部では、すでに同一労働同一賃金は実現できている」とおっしゃっていたのが印象的でした。


続きを読む

PageTop

忘れても記録があれば大丈夫

あるご縁により、定期的に発行される印刷物の校閲をしています。
私の専門とする労働・社会保険諸法令について記載されているページについて毎月2回、内容を確認して間違いがあれば訂正して、表現方法などについてもチェックします。
私ともう一人気のおけない社労士仲間と二人でチームを組んで行っていますが、私よりずっと若いけれど、社労士業界では先輩でもある「相棒」氏は有能でいつも的確に文章を読み解いていて感心することが多いです。
今月も、1回目が無事すんで、ほっとしたところです。
文章を書くということは、感覚の相違もありますから、表現方法についてはよほどわかりにくいと判断した場合に指摘しますが、法令についての改正情報などが主な内容なので、そのつど、厚生労働省のサイトを確認します。
特に、わかりにくい部分などは、厚生労働省のサイトの法令、省令、告示の新旧対照表が役にたちます。
どこが変わったのかが一目でわかりますし、内容のミスがないか確認するには、やはり根拠となるそれらの記述を読んで確認しないと安心できません。

続きを読む

PageTop

子育て支援は抜本的な仕組みが必要では?

自民党の小泉議員を中心とす若手グルーブの議員が「こども保険」というのを提唱していて、社会保険の保険料に上乗せして拠出金をねん出して財源に充て、保育の無償化などを図るというプランだそうです。
最近、経営者に年金返上を呼びかけているとか。
私は、子育て支援は「とにかくお金」と考えているのですが、拠出金でとりやすいところからとるみたいなアイデイァはあまりいいとは思えません。
社会保険料は控除のシステムが確立されていてとりっぱぐれがないですが、それでなくても40歳以上は介護保険を上乗せして控除されるし、経営者側も中小企業では保険料の支払いが大変だと感じているのです。
広く浅く拠出するのであれば、むしろリタイア世代の年金から納めてもらうことも視野に入れた方がよいと思います。
年金受給者数は今や4000万人近くいて、年金額の低い人を除きそのうちの半数から年に1000円徴収したとして200億、大した額ではないけれど、現役世代だけではなくリタイア世代からも出してもらうということが大事ではないのかなと思います。
ただし、私は、安易に拠出金にいくのではなく、もっと抜本的な格差是正をして子育てにおける所得の再配分の仕組みが必要ではないかと思っています。


続きを読む

PageTop

久しぶりに年金

昨日、関与先担当者から年金に関する質問のお電話があり、一通りの概略のご説明をしていったん電話を切った後、日本年金機構の該当サイトのアドレスを送信してあげました。
しかし、電話を切った後で年金機構のHPを確認するとともに、思わず同期の仲間に電話して、これで合ってるよねなどと弱気な質問をしてしまいました。
年金はややこしいし、毎年、ちょこちょこと変わる部分があるのでのんびりしているとすぐおいて行かれます。
あーっ、もっと年金も勉強しておかなくちゃなと反省した次第ですが、本日、またまた別のご質問が、それは私の知識でも答えられましたが、一般の方は案外知らないかもしれないので、ちょっと書いておこうかと思います。
最近、年金に対する報道なども増えたので、国民年金の第3号被保険者というのはたいていの方はご存知か、聞いたことはあると思います。
会社員や公務員等になると自動的に国民年金の第2号被保険者となりますが、その被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の人が第3号被保険者です。
あくまでも、第2号の配偶者とセットになっていますから、相方?の配偶者が第2号でなくなれば、第3号もそこで終わりということになります。
第2号被保険者で老齢基礎年金や老齢厚生年金の受給権者となった65歳以上の人は、国民年金の第2号被保険者でなくなることになっているため、65歳になったとき、または65歳以上で受給権者になったときに資格を失い、同時に第3号被保険者だった配偶者も第3号被保険者ではなくなります。

続きを読む

PageTop

書いて学んで世界が広がる

2017-8企業実務9月号 時々原稿を書かせいいただく『企業実務』(日本実業出版社発行)という企業の総務・経理事務部門担当者向けの雑誌の9月号に、「年齢と誕生日の基準」というテーマで原稿を書かせていただきました。
この雑誌は年間購読制で本やさんには売ってないのですが、編集者の方とはかれこれ7、8年近いご縁が続いています。
本当にありがたいことだなーと感謝しています。
400字づめ原稿用紙換算で10枚から20枚ぐらいまでのご依頼が多いですが、必ず図表を入れてくださいというご注文があり、テーマもその時々で私が書けそうな内容のものをご依頼いただきます。

続きを読む

PageTop

動けば何かいいことがある?

 東京では、8月に入ってから雨が降らない日はなかったそうで、東京の隣の当地埼玉県も曇りや雨が続いています。今日は、ようやくわずかながら日がでて、でもすぐ曇るような状況です。
セミも鳴いたり、鳴かなかったりでいつもの夏じゃないなーと思います。
土曜日の夕方から夜にかけては、当地も雷と雨がすごかったですが、そんな中、私はちょっと腹痛を起こし、たいしたことはなかったのですが、このところのブログには書けないあんなこと、こんなこと、様々なことがストレスになったかと、昨日は一日事務所に行かず完全休養としました。
体調万全ではないので、1人でのんびり地元のデパートに出かけて、ひとしきりショッピングをして夕ご飯の支度もパスしようとデパ地下で食べるものも買って、のんびり歩いて帰宅しました。

続きを読む

PageTop

お盆も終わりですね。

 10月1日から、子が1歳6か月に達したときに本人か配偶者が育児休業中で、保育所に入れないなど法定の理由があれば、2歳まで休業を延長できるようになりましたが、それに伴い、関与先の「育児・介護休業規程」の改正作業がありますが、2歳まで取得できることを条文に反映するだけではなく、他の条文で申込とか撤回とか、その他、全体の整合性をとるために変えるべき条文もいくつか出てきます。それを見逃さないように、新旧対照表を作ってお客様に送り、その後ご説明に行くということになるのですが、1社のために作ったものを使いまわしできるかというと、そんなことはなく、それぞれ独自の規程になっているので、微妙に言い回しが違ったりするので、しっかりと確認しなければなりません。
今週は、そんな作業をしながら、その他所属する研究会の雑事、ちょっとした勉強などをして、時々趣味のフルートを吹き、1週間が過ぎました。その間、当地はずっと雨か曇りでいつもの夏と随分違いました。
世間ではお盆休みなんだからと、すぐに自分を甘やかし、朝もいつもより少し遅くなったりして(10分か15分ですが)、なんだかだらけてしまいました。
来週から、また気合を入れ直さないといけないなと思っています。
最近は、当ブログの更新も滞りがちで、来てくださって、「なんだ更新してない」と思われた読者の皆様には申し訳ありません。まあ、私も10年以上やってるとちょっぴりマンネリ化しまして、昔のような馬力はもうありませんが、それでも細く長く続けていければいいかななどと思っています。

PageTop